aaa
まなべ祭(11月10日)
「笑顔 仲良くPeace 思いを込めて」のテーマのもと,保護者の方,地域の方にも多数ご来場いただき,真鍋島公民館,真鍋小学校,真鍋中学校合同の「まなべ祭」が開催されました。
 今年のテーマの中には,「平和」が大きく掲げられ,戦争について考えるプログラムもいくつかありました。
 「ちいちゃんのかげおくり」では,戦争のため犠牲になったちいちゃん,家族,まわりの人々の様子や気持ち,不幸をもたらす戦争の悲しみ,そして戦争は絶対に許さないという気持ちが劇を通しよく伝わってきました。みんなで協力し,練習を積み重ねた大変な熱演でした。また,中学校の朗読劇「木琴」も戦争によって犠牲になった妹のけなげな姿を通して戦争について考えさせられました。さすが中学生らしく,声の抑揚や強弱を工夫し,声の表現で戦争の無残さや憤りをで伝えていました。
テーマの中には仲良くには,共に生きるという共生や協力,愛情や思いやりも含まれていました。          
 自分たちを育んでくれている地域への愛情は,地域自慢を1分間の映像にまとめた「ふるさとカレンダー」、版画の「彩りまなべ」,総合的な学習の時間の発表「真鍋島を豊かにしよう」からもよく伝わってきました。
 また,音楽発表や小中合同音楽からは、協力や思いやりが強く感じられました。お互いに協力し合い,練習を重ねた成果を美しく心地よい音色として、心に届けてくれました。
 多くの保護者や地域の皆様にお越しいただき,最後まで温かい拍手をいただき,大きな応援として最後まで一生懸命頑張ることができました。














































2018.11.12